子どもの視力は回復する?人気の視力回復トレーニングをご紹介

ずっと懸念してはいましたが、ついに息子が学校の視力検査でC判定を受けてしまいました。
テレビゲームやスマホを長時間しないよう注意していたつもりでいましたが、この結果にかなりがっくりきてしまいました。
視力は失ってしまうと戻すことができないんじゃないかと思い色々調べてみたところ、アイトレーニングで回復することもあるようです。
そこで、今回私が調べた内容と、人気のアイトレーニングをご紹介したいと思います。

 

 

子どもの視力が落ちる原因

我が家の子どもの視力が落ちた原因は、やはりテレビゲームとスマホを長時間見すぎていることだと思います。
気にはしていましたが、私がパートの出ている間や友人の家でどの程度ゲームをしているかまでは把握することができず、おそらくひどい時は3〜4時間以上はゲームしっぱなしなのではないかと思います。

 

それ以外にも、子どもの視力が落ちる原因は色々あるようです。

  • 長時間テレビやゲームを見続ける
  • 暗い場所でテレビやスマホを見る
  • 遠くを見る遊びが減っている
  • 姿勢が悪い状態での読書やスマホ
  • 遺伝的要因

全てわかっていて注意していたのに、視力が落ちてしまった!というお母さんは少なくないと思います。
目についた時には注意はしているけれど、なぜそれがダメなのか、ということをちゃんと教えなければ子どもは親の目が届かない場所でゲームをしてしまうものなんですね。

 

このように、子どもの視力が低下する原因はわかっていたのですが、それでもとりあえず病気という可能性もありますのでまずは病院で検査をしてみることも忘れずに。

視力は回復する?まずは眼科へ

視力が落ちたという結果をもらったため、このタイミングで一度眼科へ行ってみることにしました。
視力検査をしてみた結果、すぐに眼鏡が必要ではありませんが、近視が進んでいるとのことで噂の「ミドリン」を出されました。
この目薬「ミドリン」はよくネットで検索していた時に見かけた目薬で、筋肉の緊張をほぐす目薬
これはただの気安め程度だというコメントをたくさん見たのですが、ひとまずしばらく様子を見ることにしました。

 

しかし、これだけで近視が良くなるという薬ではありませんので、これに合わせて視力回復トレーニングをスタートする必要があります。
ひとまず、他の大きな病気ではなかったので一安心ということですね。

 

もう治らない!?そこからがトレーニングスタート!

眼科に行くとわかると思いますが、「視力を回復する薬」というのはありません。
眼科では、これ以上近視が進まないような処置を施されるだけで、この目薬で視力が回復しますよ!というものは存在しないんです。
ひどい眼科へ行くと、視力は低下するともう治らない、というところもあるといいます。

 

しかし!そう言われてからがアイトレーニングのスタートです。
視力はトレーニング次第で回復することができるんです。
実はこれは、私自身が実証済みで、遠くのものを意識的に見るようにしたり、夜読書をするのを控えたりしていたら、いつの間にか視力が1.2まで回復していて運転免許の眼鏡等がなくなった経験があります。

 

大人の私よりも、子どもの方が視力低下して期間が短いため、仮性近視である可能性が高いです。
これはトレーニングにより十分視力を回復させることができる一時的な近視なので、まずは眼科で病気ではないことがわかったら、早速視力回復トレーニングをスタートすることをおすすめします。

 

アイトレーニングの種類

それでは、早速視力回復のトレーニングの種類をご紹介します。

遠近トレーニング

近く・遠くを交互に見るトレーニング方法です。
視力回復トレーニングセンターなどでも最も多く行われているトレーニング方法で、自宅でも簡単にお金をかけずに実践することができます。

眼筋トレーニング

内眼筋と外眼筋を鍛えて目の筋肉をほぐすトレーニング方法。
この方法は、特にゲームやスマホの使いすぎて焦点が合わなくなってしまっている場合に非常に有効で、目のピント調整機能を鍛えるトレーニングです。

明暗トレーニング

明暗を繰り返し交互に見ることで、毛様体筋という目の筋肉を鍛えるトレーニング方法。
このトレーニングは、特にゲームなどのブルーライトの光にさらされることが多い現代っ子には重要なトレーニングです。

 

アイトレーニングには、これ以外にも色々なトレーニング方法があります。
子どもの視力が落ちた原因によってトレーニング方法を選ぶのもいいと思いますが、それよりも大切なのは子どもが飽きずに続けることができるトレーニング方法をまずは選ぶこと。
アイトレーニングは継続しなければ意味がありません。
大人なら我慢して続けられますが、子どもはすぐに飽きてしまったり嫌なことは継続できないため、少しでも子どもが続けやすいトレーニングを選ぶことが大切です。

 

子どもが飽きずに続けられる!アイトレーニングランキング

1日たった5分でラクラク視力アップ!今なら限定価格、プレミアム特典付き!かわいいキャラクターと一緒に遊んでいるだけで大切なお子様の視力がみるみる回復してしまうんです!遺伝だとあきらめているあなた!わずか1ヶ月で0.2→1.0まですっきり回復!90日間以内なら全額返金保証なので安心して試してみてくださいね。

 

累計販売10000セット突破!!子供の視力回復トレーニング実績ナンバーワン!!たった2ヶ月で、視力を0.3から1.2までアップさせた方法を公開!トップアスリートも取り入れているアイ・トレーニングを行えば、あなたのお子様も0.8以上に回復させることが可能!試してダメだったら代金は返金してもらえるので安心して試してみることができるのでオススメです。

 

子どもの視力回復のために親ができること

子どもだけでなく親も一緒にトレーニングを行う

子どもが継続しやすいアイトレーニングを選ぶことも大切ですが、それ以上に子どもだけにトレーニングをさせるのではなく、親も一緒にトレーニングに付き添うことが大切です。
アイトレーニングがいくら子どもが飽きないように作られているといっても、トレーニングそのものは単調なものが多いです。
しっかりと継続させるためには、ちゃんとやっているか注意するのではなく、親も一緒にトレーニングをすること。
子どもも、親と一緒に遊びながらトレーニングできるとなれば、楽しく継続することができます。

 

正しい姿勢を習慣づける

ゲームやスマホをやめなさい、といっても子どもは隠れてやってしまうもの。
もちろん、時間を決めることは大切ですが、少しでも視力低下を防ぐために、せめてゲームをしている時の姿勢を正しく習慣付けることも大切です。
寝転がってゲームをする、暗い部屋でゲームをする、目を近づける、など悪い姿勢で行わないよう注意して習慣づければ、一人でゲームをしている時も正しい姿勢で行ってくれます。
そうすることで、少しでも視力低下を防ぐことができます。

 

食生活を見直す

目にいいとされている食べ物を積極的に毎日の食事の中に取り入れるのも効果的です。
ブルーベリーやうなぎ、レバー、にんじんやほうれん草など、普通の食事の中でなかなか摂取することが少ない食品ほど、意識して取り入れるようにしていきましょう。
食生活の改善は、親ができる最大のサポートです。
少しでも目にいい食事を心がけることで、視力回復を体内からもサポートしましょう。

 

子どもの視力を回復するためには、色々なサポートが必要です。
しかし、根気よく続けていくことで、子どもの視力は必ず回復します。
長い将来、ずっと眼鏡やコンタクトを利用することを考えたら、少しでも早めに回復しておいた方がいいですよね。
レーシックなどを受ける価格を考えても、今子どもの視力が落ちきらないうちに、しっかりとトレーニングを行って視力を回復し、そして目が悪くならない生活習慣を身につけるようにしましょう。